« プロストック→ピットイン千葉 | トップページ | S-FJ wilwood用パッド出来ました »

2011年12月15日 (木)

インプレッサ用3Dアウター交換

今日はインプレッサ用3Dレーシングローターキットのアウター交換

P1080292s_2 P1080293s

パッド当たり面の内側が余っているのはエンドレスの6potで使っているから

純正ローターでキャリパーだけ変更するキットですね

純正キャリパーをやっつけた後にこの組み合わせの方はとても多いです

パッドはCC-Rgだったと思いますが、PFCのパッドと合わせた場合と違ってクラックが埋まらない分目立ちますが、中央部から入ったクラックが外側に広がって、徐々に亀甲状に連結されてという正常な摩耗をしていますね

P1080300s

このクラックが0.3mm以上開いてますから終了ということでばらします

P1080305s

このベルは確か交換2回目

さすがにハードアルマイトでも色が抜けて茶色になっていますが、定盤チェックでも平面度は問題なしでまだまだ使えます

3Dはローターに叩かれて摩耗する部分がボビンなので、ベルが長持ちです  一生もの?

P1080312s

ボビンとボルトもセットで交換するので、完全に新品のフィーリングです

仕上げに錆び発生防止にボルトの頭に耐熱クリアを塗布します

ちなみに必要な工具は5/16のHEXと7/16のソケット ソケットは6ポイント推奨です

リプレースのローターはボビン付き2枚で81,060円(税込)です。

« プロストック→ピットイン千葉 | トップページ | S-FJ wilwood用パッド出来ました »

コメント

ベルを左手で持ってるけど・・・

いいの?

骨が治らんゼ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インプレッサ用3Dアウター交換:

« プロストック→ピットイン千葉 | トップページ | S-FJ wilwood用パッド出来ました »