« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月18日 (火)

F1速いよね

先週末のFSW7h耐久では別格の速さを誇っていたFIA GT3ですが、FIA-GTの映像にF1の映像をオーバーラップさせたものがありました

場所はベルギーはスパ・フランコルシャンのオールージュ

300km近くの速度で走り抜ける左・右・左の連続コーナーで、世界屈指の度胸試しコーナーです

あれだけ速く感じたFIA-GT3が、F1と比較するとセーフティーカーラン中かのように思えます

2011年1月17日 (月)

どのくらい危ないことしてるかわかってるんですかね?

昨日はFSWで大沼プランニングさんの7h耐久に行ってきました

ガレージ4413チームの20台のZからデータを取らせていただいたり、営業に回ったり、いつもはスーパーGTで会う顔と「こんなとこでなにやってんの?!」と言い合ったり

今回は参加チーム数を10台減らしたことでコース上はずいぶん走りやすくなったようですね

いいイベントだったのですが、レースでサーキットを走るということが理解していない一部のチーム(参加者)に呆れました

・練習走行をレース出場車両ではないミニバンで走ろうとする。しかも2列目の足元にマーシャルに見つからないように女性が隠れてた

ドライバーはレーシングスーツにヘルメット被ってるのに、2列目の女性はもちろんヘルメットどころかシートベルトも無し

もちろん、コースイン前に止めました

・ドライバーズミーティングで「サーキット走るの初めての人~?」という呼びかけに何人も手を挙げる

ミニサーキットで初心者向けの走行会ではなくて、ストレートエンドは300kmに迫る車両も出場するFSWでのレースですから、開けるべき所は開けて、周りを見て速い車が来たら避けられるようになってからでないと周りの参加者にとって危険です

終盤にレコードラインをストレートでさえ100キロも出てないと思われる速度で走っていた車にはあきれ果てました・・・他の参加者にとっては止まっているも同然です

以前はレースイベントには一定以上のレベルの方しかいませんでしたが、こうなるとラップタイムや経験で参加を規制せざるを得ないでしょうね

レースイベントに超初心者を出場させてしまうということは、チームにサーキット走行を行うことで負わなければならないリスクを分かっている人が一人もいないということなんでしょう

「死ぬかもしれない」「殺してしまうかもしれない」ということです

リスクがわかっていない人は、ほかの走行車のリスクを増大させます

ですから、軽い気持ちで走らないで欲しいと思うのです

Img_0435

2011年1月14日 (金)

これで業界スタートです

行ってきました

賀詞交歓会・・・ではなくてオートサロン

Img_0424

オートサロンで新年のごあいさつを業界の方々とすると、いよいよ今年もスタートって実感が湧きます

既に仕事には追われてますけどね

さて、今週末はFSW7時間耐久だぁ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »