« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月27日 (火)

うーん、困った

ローターベルワンオフ製作のクラブレーサーローターのパッケージのご注文を頂いて、いろいろ削りものがあるのですが・・・依頼先から上がってこない・・・

来週のFポンに向けての作りものか? はたまたどこかのスーパーGTチームが大幅モディファイを仕掛けているのか?

納期が遅れるときはそんな理由です

ローターベルは図面通りに削ればいい訳ではない、というよりは図面通りに作れる業者が少ない

ハブとの接触面がコーンワッシャー状に歪んでいるローターベルは多いです

それ、ホイールつけたらどうなるの?

SUPER GT用でもクラブマンレーサー用でも求められる精度は一緒

だから、SUPER GT用のパーツに混じってPFCのローターベルは作られてます

※業務連絡 「エロいひと」連絡お待ちしてます

2010年7月22日 (木)

F50用プレミアムの価格変更です

いやはや暑いですね
会社の外の温度計を見たら、39℃を指してました

さて、ブレンボ F50・F40キャリパー用のプレミアム材を値下げします

旧定価 38,850円 → 新定価 34,650円(税込)

ビッグキャリパーへの交換需要が世界でも極めて多い日本のマーケットに向けて特価をご用意しました

街乗りからミニサーキットまでのブレーキングに一段上のフィーリングです

スポーツパッド特有の低速域での乗りにくさも無く、奥さんでも違和感なく普通に乗れます

我が家の足車のフィットもプレミアムを装着しましたが、乗りやすいのでパッド交換したことに妻は気付きませんで、教えたら「そういえば大通りでブレーキをかけた時に前より楽に止まる」と申しておりました

ちなみにブレンボ F360モデナ/ロータスブレンボ用は31,500円(税込)
6pot Mキャリパー用は56,700円(税込)(48mmと58mmの太さ違いがあります)

BMWミニのようなショートホイールベース車はプレミアム材で街中からFSWまでイケるようです

2010年7月21日 (水)

ネタ探してます。

もうフォーミュラニッポンはFN09になって2年目ですが、

まだたくさんあるんですよ

旧車のFN06用のローターとボビンが・・・・

サイズは径281mm、28mm厚、パッドの当たり高さが42mm

適合するキャリパーはFポンのレーシングブレンボは当然として、アルコンのH-TYPE

あと、B-TYPE(トラストアルコン系)もFポンのパッドを入れれば使えます

いわゆる15インチと呼ばれるサイズですから、旧車系とスポーツコンパクトから1800ccくらいまでのNAにちょうどいいかと思うのですが、なかなかネタが見つかりません

なにか良いネタ募集してます

2010年7月20日 (火)

フォーミュラチャレンジジャパン

フォーミュラチャレンジジャパン、通称FCJ

F1を頂点とするピラミッドではF3の下でF4と同列の、若手ドライバーの育成を目的としたカテゴリーです

F1ドライバーの戦歴に多く出てくるフォーミュラルノーと同一の伊・タトゥース社のシャシーを使用し、上位ドライバーには上級カテゴリーへのステップアップの道が開けます

出身ドライバーには国本京佑・井口卓人・山本尚貴・ケイ・コッツォリーノとフォーミュラニッポンの若手ドライバーがずらり

そんなFCJで今年のチャンピオン最有力は3年目の参戦となる中山雄一選手

開幕から破竹の5連勝で、6戦目は優勝は逃したものの2位

Vq8k0448s_2Image02

ポイントスタンディングでは2位にダブルスコア以上の差をつけてのぶっちぎりの1位

中山選手は昨年参戦していたスーパーFJでも速さを発揮し、PFCの開発ドライバーとしてその能力を十分にふるっていましたが、今年はFCJ一本にカテゴリーを絞り、より磨かれた驚異的な速さを発揮しています

今のうちにサインをもらっておくと、数年後に自慢できると思いますよ

これでさらにバトルが激しく

2010フォーミュラ・ニッポンパワーステアリング導入のお知らせ

株式会社日本レースプロモーション(JRP)は、昨年よりKYB株式会社様と共にFN09車両へのパワーステアリング導入へ向けテストを重ねて参りましたが、この度9月25日(土)、26日(日)に開催される2010年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 第5戦 スポーツランドSUGO大会よりKYB社製パワーステアリングの導入が正式に決定いたしましたのでお知らせいたします。

JRPではパワーステアリングの導入により、エキサイティングなバトル展開を期待しております。また、オーバーテイクシステムとの組み合わせにより、お客様にも今まで以上にレース展開を楽しんでいただけるものと信じております。
シーズン途中から生まれ変わるFN09に、皆様是非ご期待ください。

あまりのステアリングの重さから高速コースでは危険性も指摘されていましたが、パワステが装着されるとレース展開も変わってきますね

その重さはフロントに295のタイヤを履き、パワステが壊れた車でさえ、「むちゃくちゃハンドル軽い!」となるくらいだそうで・・・

Fポン、面白いんですよ。

2010年7月16日 (金)

ひとりごと 2

みんカラからあるショップの社長のIDが削除されました

別にブログで商品のPRをしているわけではなく、アップしていたのはバーベキューの案内や雑談だったのだけど

みんカラ+(プラス)に利用料月額10万円を回収できる可能性がでてくる、他のSNSとは異なる自動車業界企業向けのサービスがあれば、ショップは喜んでみんカラ+に移行すると思うのですが・・・

せっかく盛り上がったのだから、自分で柱を全て切り倒してずっこけないように、Carviewさん宜しく頼みますよ

ひとりごと

日本車の世界はエコが最優先でその他は気にしている場合ではないという空気がむんむんしていて、なんとも心配です

エコで且つドライビングの楽しみもなければ車としては未完成だと思うのですが・・・

さてさて、海外では全く新しいガソリンエンジンの研究も行われているようです

2ストローク水平対向2気筒4ピストンエンジン・・・

一見すると、吸気ポートと排気ポートを別のピストンが担当する構造のようですね

混合気が排気ポートから出ない分、排気ガスがきれいになって燃費が上がると思いますが、機構的なロスもありますよね

このエンジンの開発にはビル・ゲイツも投資をしているそうです

気筒休止のような動きをする4気筒の動画もあります

しかし、どうやって組み付けをするんだか・・・

今週末はFSWでFポンです

さてさて、今週末はFSWでフォーミュラニッポン&全日本F3選手権です

全国的に天気が荒れて、週初めは御殿場も豪雨でしたが今日からのF3のテストは「完全ドライで暑い」とサポート班から連絡が入りました

天気も週末にかけては晴れで、観戦にはむしろ日焼けが心配なくらいです

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/22/5030.html

今回のスケジュールはいつもと違います

これまでは土曜日の午前中に1.5hのフリー走行(テスト)と午後に予選でした

今回は土曜日はフリー走行を午前午後に分けて2回行い、日曜日にノックダウン方式の予選と決勝を行うスケジュールです

一日で予選と決勝を見られるというのは違った緊張感が感じられて面白いですね

じゃあ土曜日がつまらなくなるかというと、全日本F3の予選×2と決勝があります

さらにFポンのフリー走行には松田選手の姿がみられるかもしれません

http://www.matchy.co.jp/topics/20100714000063.html

祝 Kondo Racing Fポン復帰!!

(本格的な復帰は次戦からですよ 為念)

2010年7月14日 (水)

ちゃんと製造元を確認しましょう

バートン スノーボード 3点セット

と書いてあったら通常は一流メーカーのバートン製のスノーボードの板とビンディング・ブーツのセットです

これがビンディングだけバートンで、板とブーツはノーブランドだったら怒りますよね?

じゃあ、Brembo F50 ブレーキキット

って製品名に書いてあったらどこの製品だと思いますか?

Brembo製だと思ったあなたは一般人

そうとは限らないと思ったあなたは業界人(笑)

2

困ったもので、このBremboとはBremboのキャリパーを使用しているという意味で、他の部品はBremboの製品ではないことのほうが多い

このようなキットでも「SUPER GT(あるいはニュル)で実証されたレーシングブレーキキット・・・うんぬん」などと大抵は書いてあります

しかしその正体はアジア方面で製造された大径ローター、その原価は3千円/枚

もちろん、サーキット走行に耐えられる性能を持ち合わせている訳がなく、純正ローターの基準もとても通らない代物

でもユーザーが買い求める理由は「ブレーキ性能の向上」

サーキット走行1本で熱歪みでジャダー発生(ときには脈動も)

販売元に問い合わせると「ブレーキパッドが悪い」

で、被害者から弊社に連絡が来るという三段活用です

どうせなら、被害者になる前に連絡をください(泣)

2010年7月12日 (月)

夏季休業のお知らせ

このところゲリラ豪雨やら嵐のような大風やら、天気が安定しませんね

昔ながらの梅雨ってもう来ないんでしょうか?

さて、ちょっと早めですが夏季休業のご案内です

8月12日(木)~8月16日(月)をPFCジャパンの夏季休業とさせていただきます。

この間は泣いても笑っても出荷は出来ませんので、お盆休みの間に走る予定がある方は早めのブレーキ残量チェックをお願いします。

話は変わりますが・・・残念・・・

2010年7月 8日 (木)

モータースポーツ界初の国会議員誕生か?!

今まさに繰り広げられている参議院議員選挙に、SUPER GTフォーミュラニッポン全日本F3選手権に参戦するトムス・レーシングチームの「舘信秀総監督」が、みんなの党 比例代表から立候補されています

Cci20100708_00002_2

舘信秀監督はレーシングドライバーからレーシングチームを立ち上げ、45年もの間モータースポーツ一筋でやってきた方です

世間的にみれば極めて小さなモータースポーツの世界から国政に関わる議員が誕生することは、モータースポーツファンに取ってプラスこそあれ、マイナスはありえないと思います

先週末はS-FJ

気が付けばもう木曜日・・・(汗)

先週後半は筑波選手権のスーパーFJと東日本選手権のF4のサポート

木曜は別用があって欠席しましたが、水曜から日曜の決勝まで

Nec_0010 Nec_0008

ZAP・WindsなどスーパーFJを手がけるガレージには筑波にファクトリーを置いているところが多いので、必然的に筑波選手権のスーパーFJは盛り上がるわけです

Nec_0012 Nec_0024

Rd.3となる7月4日の決勝は連日の夕立(ゲリラ豪雨?)で湿度が高く、気温32℃ということで、ブレーキに負担がかかるコンディションでした

レース中盤にはブレーキパッドが音をあげて、ハードブレーキングのポイントで姿勢を乱す車も多かったですね

パッドが熱限界を超えて効きが落ちるとドライバーはより強く踏むしかないので、さらにブレーキ温度が上がり・・・悪循環・・・

レース終了後にその車両のブレーキを確認したところ、被膜が部分的に剥がれて、摩材が貼りついていました

Rd.3のウィナーはもてぎスタイル・ルボーセPFCの中村ひかる選手が初優勝

今年スーパーFJにデビューした19歳で、まだ愛車には初心者マークが光ります

Nec_0004 Nec_0017

もちろん中村ひかる選手も含めて、PFCカーボンメタリックパッドのユーザーは最後までパッドがタレることは皆無でブレーキは何も問題なしとコメント頂きました

Nec_0027

現在のところ、スーパーFJ用のラインナップはAPRacing 2Pを標準装着するミスト用のみ

ウエストとR&Dが標準装着するウィルウッド用は残念ながら設定がありませんので、APキャリパーへの交換が必要になります

次戦のRd.4は8月22日の夏まっさかりですから、さらにブレーキパッドの差が出そうです

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »