« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月23日 (火)

レーシングキャリパー用パッドありマス

スーパーGTやJTCCで使っていたキャリパーの払い下げを買ったんだけど、パッドがどこにも売ってないとお困りの方はいらっしゃいませんか?

いまやレーシングキャリパーでパッド厚25mmは薄いほうですが、このサイズのストリートカー向けとしての需要はありませんから、アフターパッドメーカーではなかなか設定がありません

せっかく高性能のキャリパーを手に入れたのに、パッドがなくて手放すなんてもったいない

アフターマーケット向けキャリパーでは設定の無いものがあるPFCですが、レーシングキャリパー用は充実のラインナップです

払い下げ前に中に入っていたパッドがPFCなので当たり前なんですけどね

ご相談頂く際にはパッドの形状を紙に写して、下記の3点と一緒にFAXを頂けると間違いないです

・パッドの縦・横・当たり幅(摩材中央部の高さ)
・キャリパーのピストンを戻したときのピストンとピストンの間隔
・使用するローターの厚み

2010年2月22日 (月)

ようやくデリバリーです

プロトタイプから製品版までずいぶん開いてしまいましたが

ブレンボ 6Pモノブロック M_caliper用のカーボンメタリックブレーキパッドをリリースしました

前回のリリースからかれこれ5か月・・・だいぶお待たせしましたね

もうレーシングは即納OKです

C12 D48_2

デプス48mm 品番:4363 (多くは48mmです)
デプス58mm 品番:4364

共にレーシング:61,950円、プレミアム:56,700円(税込)

プレミアムも今週中に入荷予定です

これでFSWもOKさ

思ったよりも難産でした JZX100

362mmクラブレーサーローターを100系マークⅡに装着です

P1060254 P1060264

ローターベルとブレンボF50キャリパー用マウントのワンオフ製作も合わせてオーダーを頂いたのですが、トレーリング(軸後)にキャリパーとタイロッドが位置しているので、キャリパーマウント&キャリパーとタイロッドエンドのクリアランス確保に苦しみました

そして100系に装着率が抜群に多いBBSのLMが付けられること

この2つの条件をクリアするのに、オーダーを頂いてからかれこれ半年近くお待たせしてしまいました

355mmクラブレーサーローターではクリアランスの確保が難しいので、製作は無理ですね

BBS LMは18in 8J オフセット +35で装着確認しました

P1060260 P1060253

キャリパーとホイールのクリアランスは7mm確保

P1060249 P1060269

フロントをF50にするのであれば、リアは80スープラへのセットでの変更がお勧めです

お問い合わせはパワーハウス アミューズさんまでお願いします

2010年2月19日 (金)

戻ってきました

鈴鹿スーパーGTテストから帰還です

SAで休憩するとダラダラしてしまう性質なので基本は東名一気走りです

うまいものには勝てませんが(笑)

P1060220 P1060237

P1060238 P1060242

鈴鹿はハードブレーキが少ないサーキットなので、ブレーキには優しいです

逆に鈴鹿でブレーキトラブルが起きてしまうようでは、ツインリンクもてぎ・岡山国際ではとても無理ということですね

2010年2月16日 (火)

テストテストテスト

今日から3日間、鈴鹿サーキットでGT500の3社合同テストです

Sp1060190 Sp1060198

開幕前のテスト日程をスーパーGTのHPで案内しているせいか、今日は観客の多さに驚きましたよ

一昨年まで行われていたシーズン中のテストならともかく、開幕前のテストに来る観客なんていつも数えられるほどだったのですが、今日はドラサロで昼食を取ろうとしたらしっかりと順番待ちの長い行列が・・・

サーキット入場料だけでパドックに入れて、普段のレースのときよりもドライバーに会える可能性が高いことに気付いた方が増えたみたいですね

レースのときはピリピリしていてとてもサインをもらえないようなドライバーも、テストのときはそれほどでもないですよ

さて、カーボンの地がむき出しだったHSV-010も、リアルとARTAの2台がカラーリングお披露目でした

Sp1060191 Sp1060192

これはね・・・・ずるいよホンダさんって感じでしょうか ほんとにかっこいい

サイズもコンパクトですから、コンセプト変更でこのデザインでS2000のエンジンを積んで発売ってのはどうでしょう??

そんな中、スーパーGTの3社合同テストを、地元の鈴鹿市の小学生が校外学習で見学に来ていました

Sp1060195

さすがモータースポーツ宣言都市 鈴鹿市・・・・

私の子供の頃なら、こんなことされたら半狂乱間違いなしです(笑)

2010年2月12日 (金)

プロジェクト進行中

P1060142 P1060145

今回のはいつもの3Dシステムとはちょっと違います

いつもはボルト&ナットで留めているボビンですが、ローターベルにタップを立てることでナットを使っていないのです

片押しの純正キャリパーを避けつつ、ホイールの当たり面を確保するためにこんな形になりました

とあるFRオープン2シーター用のプロトタイプですが、これからテストに入ります

標準径の2ピースローターは私の知る限りではリリースされていないはず

テスト結果が楽しみです

PCCBなので

ポルシェ997 TURBOのPCCB(セラミックカーボンブレーキ)装着車用のフロントスチールローターを作ってくれというオーダーで製作しました

P1060119_2

PFCには997ターボ純正の380mm径 34mm厚のローターの設定がないので悩んだのですが、996GT3Rサイズの380mm径 32mm厚で製作しました

これならセラミックカーボンからスチールにする為の重量増も最低限で済みます

ただし、純正ローターに比べて当たり幅が5mm小さくなりますから、PFCかPAGID #8004以外のパッドを使用する場合にはパッドの小加工が必要です

996GT3RはBIG REDキャリパーですから、ちょっと当たり幅が狭い60mmなのです

それでもレーシングキャリパーとしては最も広いですね

このローターキットは344,400円(税込)で製作できます

ちなみにこのローターベルのハードアルマイトの色は"無色"です。

もっとシルバーっぽくしたければメッキ系の表面処理になります

2010年2月 9日 (火)

クラブレーサーローター 355mm 入荷しました

次のロットはいつ入るの?

とお問い合わせを多方面から頂いていた355mmクラブレーサーローターですが、ようやく入荷しました

Img_2924 P1060047

355mm径 32mm厚

希望小売価格 75,600円/枚(税込) 3Dボビン付属です

対応する代表的なキャリパーは

Brembo:F50・AMG6P・N1・Mキャリパー(6P)
AP:CP5555

PFCでローターベルをワンオフ製作すると2枚で261,450円(税込)になります

お問い合わせお待ちしてます

2010年2月 5日 (金)

まだまだハチロク

Zファイター山田がハチロクに乗るという話を聞きつけて、筑波コース1000まで行ってきました

P1060110 P1060113

コシミズモータースポーツさんのぼろハチ倶楽部走行会におじゃまです

REVの加茂さんもぶいぶい走る走る(仕事は?)

P1060114

ぼろハチなんて呼べない、樹脂パーツも黒々としたGr.Aプラス仕様のハチロクも

P1060116 P1060112

まるで新車ベースで作られたような車両ですが、もとは屋外に放置されていた車だとか・・・

燃料補給の間以外は走り続けるようなタフガイもいましたが、マシントラブルもクラッシュもなく、メンテナンスレベルと経験の高さを感じさせる走行会でした

Zファイター山田にPFCのハチロク用パッドを体感させようと目論んだのですが、輿水社長から「フロントはEG6用に変わってるよ」との一言が・・・

EK4・EG6用フロントの621-Rは既に廃番・・・

こうなったら今時のコンパウンドで復活させるしかないか?!

EG6の流用はZファイターいわくペダルの違和感無しということなので、FC3Sのキャリパー流用よりもサーキット走行には向いているかと思います

前後のローター温度差が20度程度とまるでフォーミュラカー並みでしたから、4輪でしっかり止めるブレーキバランスはハチロクにはいいでしょうね

ブレーキキャリパーやローターはでかいほど良いわけではないという好例でした

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »