« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

ブレンボ モノブロック6pot family_M用のパッド

ようやくできました

ブレンボ モノブロック6pot family_M用のカーボンメタリックブレーキパッド

ブレンボグランツーリスモキットで使われているほうのモノブロック 6POTです

C12 D48

画像のパッド形状はパッドデプス(中央部の高さです)が48mmのものですが、58mmも製作します

厚みはバックプレート込みで18mmなのでシムは入りません(お得な大盛りなんです)

デプス48mm 品番:4363
デプス58mm 品番:4364

共にレーシング:61,950円、プレミアム:56,700円(税込)

しかしこのパッドでかいですね
GT500のフロントよりもでかい・・・・

2009年9月29日 (火)

156に着けました

アルファロメオ 156に3Dレーシングローターを装着しました

Img_2655

この車両は156JTS-sele 2.0ですが、フロントにブレンボのグランツーリスモキットが装着され、156GTA前期の純正305mmローター+ロータスブレンボ仕様になっています
(このグランツーリスモキットのローターは156GTAの純正ローターを使用しているのです)

ですから、このローターは147&156用グランツーリスモキット装着車と156/147GTA前期にボルトオン装着できる、311mm2ピースローターということになります(ややこしい・・・)

今回のお客様はアルファチャレンジに参戦している方
ボディについたタイヤかすの跡もずらりとならんだ車検ステッカーを見て納得です

Img_2622

グランツーリスモキットはワンピースローターですから、耐久性&コントロール性のアップが期待できますね

Img_2657 Img_2637

156GTA/147GTA 前期&グランツーリスモキット装着車両用
311mm 3Dレーシングローター

希望小売価格 ¥183,750(税込)〈2枚〉

適合:
147GTA 02~03/10
156GTA  02/07~03/11
ブレンボ グランツーリスモキット 1A4.5005A/1A5.5005A を装着した147/156

※ワンオフ製作なので納期は1ケ月程かかります

購入のお問い合わせはフラミンゴ・クゥオーレまで

2009年9月28日 (月)

こんなに変わるんです

先日のZチャレンジ第2戦 袖ヶ浦フォレストレースウェイの前日のテスト走行で、グラベルに出た際に右フロントのブレーキダクトが飛んでしまった車両がいました

ピットで他にダメージが無いことが確認できたので、残りの走行時間で5周だけ走行してブレーキ温度を走行したところ・・・

左フロント
キャリパー 176℃
ローター  370℃

右フロント
キャリパー 198℃
ローター 374℃

左フロントより右フロントのキャリパーが22℃高い

でも袖ヶ浦は右回りですから、本来は左フロントのほうが温度は高くなるはず
実際、他の車で計測すると左フロントのほうが10℃ちょっと高いのです

ということは
ブレーキダクト有無の差は約30℃あったということですね

1周が1分20秒のサーキットでたった5周でこれですから、連続周回すれば50℃以上差がつくでしょう

実際に先日筑波で計ったときにダクト付きは189℃でしたが、ダクトなしは243℃(!)
ダクトなしはベーパーロックでペダルが入っちゃいました

キャリパーが変色しないか、真黒に変色するかくらいの温度差です
余計な出費をしたくなければブレーキダクトを付けましょう

2009年9月26日 (土)

同意!!

Zチャレンジに参戦されていた方のブログをみていたら、一般的なチューニングショップの安全装備についての認識はまだまだだと改めて認識させられることが書いてありました

20日袖ヶ浦のとき、コース上へ出る前車で待機していると隣のショップさんの声が聞こえました

「HANS、付けている人多いね」

そう、私も先日購入し付けているHANS、もしもの時に首の衝撃を最小限にとどめてくれる安全装備、今回のZチャレンジでも装着している人が多く、各自の安全に対する意識の高さは素晴らしいと思いました、ただ隣のショップの方が次に発した言葉が

「このレース、お金持ちが多いんだね」

う~ん、やっぱりまだこう思われてしまうのだろうか?

確かにHANSは高い買い物でした、そのお金があればブレーキパッドも交換できるしタイヤ2本分だったりオイル交換も数回分になります、でももしもの時そのパーツは自分を守ってくれるものではありません、私は趣味でサキト走行を楽しむ素人です、普段は仕事があり何かあったからと言って長期間休暇をとるわけにはいきません、過去にサキトではありませんが激しい事故を経験している身としては、一般道とは速度域が全く違うサキトで事故をしたら・・・・・・・・と考えたら恐ろしいです、そういうことからこのHANSのような安全装備はもっともっと普及すべきものですが、そのためにはショップさんを始めとする関係者様の熱心さが必要だと思います、万が一の時も安心!これが定着すればもっとサキトを楽しむ人が増えるのではないでしょうか?

まったくもってその通り
また、関係者として反省です

どんなスポーツだって、万が一の被害を最低限にするための装備をするのは常識です
自転車のヘルメットだって最初は被っている人は少なかったですが、昨今ではスポーツとして乗っている人は全員といっていいほど被っていますね

お客が人生を棒に振らないように誘導するのもショップやガレージの仕事
私も安全装備を常識とするショップを1軒でも増やすよう頑張ります

Img_2522 Img_2523

2009年9月25日 (金)

156GTA

今度はアルファロメオ用の3Dレーシングローターです

305mmで28mm厚 オーナーはロータスブレンボにキャリパーを変更しています
ローターがヒートクラックだらけで寿命ということで依頼を頂きました。

ドンピシャ305mmのローターが無かったのですが、ロータスブレンボでラジアルマウントなのでカラーを入れてキャリパーを外に出すことで311mmローターで製作です

Img_2615

この組みあがった状態をみるとオーナーの喜ぶ顔が浮かんでわくわくしますな

2ピースにすることで6mm外径アップしましたがバネ下軽量化にも貢献
純正の8.1kgに対して6.86kgと1.24kgの軽量化です

Img_2614 Img_2613

バネ下1.24kgは効きますよ
フラミンゴ・クゥオーレ様にて来週装着予定です

Zチャレンジお疲れ様でした

ようやく平常営業に復帰しました

シルバーウィークはそこかしこのサーキットで走行会やレースがあって盛りだくさん
サーキットでご相談頂いた方、ありがとうございました

私は前半二日は袖ケ浦フォレストでZチャレンジ
35台のZが一斉に1コーナーになだれ込んでいく姿は正直息をするのも忘れるほど

そろそろ参加者が車載動画をアップするころでしょう 楽しみです

スナップを少々、まずはテストデーから

Img_2516 Img_2529

Img_2514 Img_2515

Img_2533 Img_2510_2

テストデーから20台以上の車両が参加
参加者同士で情報を交換し合ってベストラインを探し、さらにセッティングを詰めていく

コースアウトしてグラベルに捕まる車両も数台
まだグラベルや縁石が未整備なので、コースアウトすると下回りやバンパーにダメージが出やすいが、この整備は年内には終了する予定とのこと

むしろこのご時世にヘアピンだらけではない、ちゃんとしたレイアウトのサーキットを新規オープン(まだ仮だけど)させたことに拍手でしょう

FSWや鈴鹿、茂木は世界に名だたる自動車メーカーが作ったサーキット
岡山やオートポリスはバブルパワー
筑波はサイクルセンターで公益法人

袖ヶ浦は個人の長年の思いが形になったサーキットです
そもそも現状で他と比較することが間違い
3年は見守ってからがスタートラインだと思います

みなさん厳しく見守りましょう(笑)

さて決勝日のスナップも

Img_2547 Img_2550

Img_2551 Img_2552

Img_2555 Img_2569

Img_2573 Img_2571

Img_2578 Img_2582

Img_2592 Img_2600

平手選手&ヒラテッツァと共にマイカーの380RSでデモランを行った、チームインパルの松田選手がZチャレンジのピットを訪れていました

朝一にもデジカメ片手にピットウォークしていましたからね~
Zオーナーとして気になるところが満々だったようです

http://tsugio-blog.com/

P1000567 Img_2596

2009年9月17日 (木)

袖ヶ浦フォレストレースウェイ

いよいよ今週末に迫った袖ヶ浦オープニングレース

台風の影響で雨となっていた天気予報は台風がそれて晴れに変わりました!!

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/12/4530/12229.html

まだコースに脂が乗った新しいサーキットなんで、雨と聞いて気が重かったんですが、どうやらエントラントには晴れ男が多かったようですね

今日発売のオートスポーツ 9/24号 P74に袖ケ浦のコースのポイント&攻略法が載ってますよ

買って読みましょう(笑)

2009年9月16日 (水)

アルファロメオ 156走りました

先月のブログに載せたアルファロメオ 156用の3Dレーシングローターを付けてFSWを走りました

Dsc03122_2

車はフラミンゴクゥオーレの店長のマシン
アルファロメオチャレンジ関東ではおなじみですね

これまでもF50キャリパーのブレーキキットを装着されていましたので、ローターだけの変更
もちろんパッドもカーボンメタリック レーシングに変更です

Dsc03126 Dsc03127

残暑の中でスポーツ走行30分枠をフルに走りまわりましたが、ブレーキタッチは全く変化無し

今までのポイントでブレーキングすると止まりすぎてしまうので、ブレーキングポイントを奥にずらしたそうです

ローターのサーモペイントはオレンジの中心部が残っているくらいなので、温度的にもちょうどおいしいところですね

期待していたよりもさらにいい結果です!

こんな技もあり

-997ポルシェターボのスチール仕様のフロントローターが欲しいんだけど、ある?

355mmのですか? GT3用が使えるかな?

-いや、ターボは4WDだからローターは同じだけどベルのオフセットが違う、数ミリベルを深くする方向だね

ポルシェターボは最初からラジアルマウントだからキャリパー側では調整できないし、うーん、じゃあアノ技を使うしかないな

Img_2506

というわけでGT3用のローターをばらします

ベルを浅くする方向にはハブとベルの間にスペーサーを挟む方法がありますが、深くする方向となると通常は無理

でも3Dシステムならできます

Img_2500

何をやったかわかります?

ボビンとローターベルの間にシムを入れることで、ベルを深くしたのと同じ状態にしたのです

これはスーパーGTでも使われる技

スーパーGTではコースによって厚みの違うローターを使い分けることがあります
ブレーキに厳しいもてぎでは35mmで鈴鹿は32mmとか

通常ではローターの厚みを替えるにはローターベルも合わせたものが必要です
ベルを変えないとセンターがずれちゃいます

3Dなら、35mm用でローターベルを作っておいて、32mmを使う時には1.5mmのシムを入れてセンターを合わせることで、ベルが共用OK

もちろんシムにはローターベルと同等の精度は必要ですよ

今回はローター厚みを変えずにシムだけ入れて、ローターベルを深くしてやったわけですね

ポルシェターボで2ピースが欲しい方お待ちしてます

2009年9月15日 (火)

アップ忘れてた

6日に浜名湖で開かれたK'z meetingのアップをするのを忘れてました

風は気持ちよかったんですが、日射が鋭くて焼けた焼けた
帰りのサービスエリアでサングラスを外したら、顔には白いサングラスが(笑)

Zチャレンジに興味があって、今週末の第2戦を見学しに行くつもりという方や、サーキット走行用のモディファイの相談などたくさんのお客様がいらっしゃいましたが、Garage4413&Zチャレンジのブースにいたので、圧倒的にサーキットに興味ありのお客様ばかりでしたね

Img_2455Img_2466

Img_2453Img_2470

Img_2477Img_2471

週末のZチャレンジ 袖ヶ浦フォレストレースウェイでお待ちしてます
土曜日からいますので、声をかけてくださいね

おっと

Img_2473

問い合わせメール復活しました

長らく中断していたホームページからのお問い合わせですが、ようやく先週から復活です

さっそくお問い合わせをいただいておりまして、どうもありがとうございます

質問の内容によっては回答までちょっとお時間を要する場合もありますので、お急ぎの場合にはお電話でお願いします

なお、回答のスピードは私の仕事の具合にもよります(笑)

2009年9月 5日 (土)

フォーミュラニッポン タイトル獲得

ちょっと遅くなってしまいましたが・・・

フォーミュラニッポン 2009yのタイトルが最終戦を待たず、第7戦オートポリスで決定しました

ドライバーズタイトル ロイック・デュバル 選手

チームタイトル NAKAJIMA RACING 

0907cimg01

今年はPFCカーボンメタリックブレーキパッドとPFCレーシングローターのユーザーであるナカジマレーシングが、ここまで7戦5勝と圧倒的な強さを誇り、その性能を証明してくれました

中嶋監督、デュバル選手、小暮選手、田中エンジニア、田坂エンジニア、そしてメカニック&スタッフの皆さん

チャンピオン獲得 おめでとうございます

そして、PFCにタイトルをもたらして頂き、ありがとうございます

2009年9月 4日 (金)

K's Meeting

9月6日(日)に浜名湖ガーデンパークで行われる、フェアレディZの生みの親、Mr.Kこと片山 豊さんの100歳を祝うK'sミーティングが行われます

http://www.370z.jp/

高速道路1000円を活用して来てください

PFCではガレージ4413Zチャレンジブースでブレーキ相談を行いますので、PFCのピットシャツを着たスタッフに声を掛けてください

ちなみにZチャレンジの第2戦が行われる袖ヶ浦フォレストレースウェイは、筑波よりもブレーキには厳しいようですぜ

しかしピットもピットレーンもピット裏も広いです
茂木と同じくらいかな

Sp1000542 Sp1000544

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »