« 正しいブレーキダスト | トップページ | TDP+F3テスト »

2009年2月13日 (金)

最初にブレーキダクトもね

サーキットを走るには

まずは足とオイルクーラー、車種によってはデフクーラーってとこでしょうか?
あとサーキット走行用のブレーキパッド

ブレーキ屋としてはここにブレーキダクトも追加してほしいところ

市販車でブレーキダクト無しでサーキットを走ると、ブレーキキャリパーは250℃近くになるのが普通です
でも、キャリパーは200℃以下に保つのが大事

200℃以上で連続使用するとキャリパーが開きやすくなりますし、オイルシールも急激に劣化します
あと、塗装も焼けて変色しちゃいますよ

でも、ダクトホースをバンパーの開口部に引いただけのダクトじゃもったいない
ダクトを流れる空気の量はホースの太さ分だけなので、空気量が足らないし流速も走行風と変わりません

Sp1030560 Sp1030564 Sp1030569

正しいダクトはスーパーGTのマシンを見れば一目瞭然
ファンネルを設けて空気を集め、先を細くしてそこにホースを接続
これで流速を上げて、キャリパーに勢いよく空気を吹き付けてやることでブレーキを冷やします

火起こしをするのに使う「火吹き竹」を知ってますか?
竹筒の片側に節を残して小さな穴を開けて反対側から吹くと、小さな穴から勢いよく風が吹き出して、離れた所から風を送ることが出来るものです
原理はこれといっしょですね

ダクトの場所も重要
正圧が強くかかっている場所に設置しないと空気が入りません
正圧が強くかかる場所はというと

Simg_1638 Simg_1640

空気をかき分けている車体の先端です
つまりナンバープレートが付いているあたりが一等地ですね

ただし一等地はラジエターやオイルクーラーの指定席ですから、ダクトホースの取り回しも考えるとブレーキダクトはもう少し外側でないと無理ですね

車両の外側に近づくと横向きの空気の流れによって空気量が減るので、スーパーGTのマシンも各車同じような位置になっています 

ダクトを設置する際は足回りやドライブシャフトに干渉しないように注意してくださいね

« 正しいブレーキダスト | トップページ | TDP+F3テスト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初にブレーキダクトもね:

« 正しいブレーキダスト | トップページ | TDP+F3テスト »